沿革

1938年4月
創業者吉田久博の構想に基づき伸銅品の生産販売を目的として 資本金10万円をもって大阪黄銅㈱を設立する
1943年9月
大阪軽合金工業㈱と社名変更しジュラルミンの生産を開始する
1945年10月
社名を新日本産業㈱と変更する
1947年1月
大阪黄銅㈱を設立する
1949年1月
社名を日本伸銅㈱と変更する
1949年5月
大阪証券取引所に上場する
1951年6月
伸銅工場として最初のJIS表示許可工場となる
1959年4月
日伸地金㈱を設立する
1961年10月
東京証券取引所に上場する
1966年7月
安全管理優良工場として労働大臣進歩賞を受賞する
1968年9月
工業標準化実施優良工場として工業技術院長賞を受賞する
1975年3月
資本金8億8,000万円となる
1976年7月
耐摩耗性特殊高力銅合金棒HBシリーズを発売する
1981年4月
快削性耐脱亜鉛腐食銅合金棒HCシリーズを発売する
1985年3月
資本金13億500万円となる
1989年4月
コネクター用メッキ線の生産を開始する
1990年4月
横型連続鋳造機を稼動
1996年12月
リフローメッキ線の量産開始
2000年4月
HC50 HC60 耐脱亜鉛腐食銅合金棒を発売する
2001年6月
ISO9001を取得する
2006年7月
ISO14001を取得する
2008年1月
新スズリフローライン増設完了
2008年1月
資本金15億9,525万円となる
2011年5月
新社屋に移転
2015年3月
株式会社CKサンエツの連結子会社となる
2015年7月
大阪黄銅㈱を吸収合併し、大阪黄銅カンパニーとする。
2019年5月
鉛レス・カドミレス黄銅棒 eブラス(イーブラス)を発売する